恒例 北アルプス登山 “唐松岳 part 2”

7日昼過ぎに唐松山荘到着。
昼食後、冷えた体も温まり軽くビールで一杯。
風雪は段々強くなり、天候は悪くなるばかり。
そんな状況で続々と登山者が山荘に到着してくる。
夕方のニュースで白馬の遭難や天候の悪化を知り、皆不安な表情をしている。
明日午後の天候回復を祈りながら床に就く。
翌朝になっても風雪は収まらず、50cm余の積雪と表面は氷結して危険だ。
そんな中、何組かのパーティが下山を開始するが途中で立ち往生。
山荘の人のサポートで無事に危険箇所を通過し下山したらしいが、
それ以降の下山は中止となった。
結局、100名以上の人がそのまま山荘に留まることになった。
夕方の天気予報で快晴が伝えられると、皆が歓声を上げ喜びと安堵の表情を表していた。
夜半頃ようやく風も収まり安心して睡眠に入った。
日の出前、目覚めたときはすばらしい景色が待っていた。

月と唐松岳
a0058078_2026354.jpg





part 2 は7日昼過ぎから9日早朝まで。
その間ずっと山荘内であまり写真がありません。

 7日の夕食
a0058078_20354176.jpg

a0058078_2036647.jpg
a0058078_20362497.jpg


 暇だから携帯酸素の回し飲み?
a0058078_204699.jpg

a0058078_2043541.jpg

よく効く、快調?
a0058078_20441729.jpg


 8日は動いてないの全員でストレッチ
a0058078_20482238.jpg

a0058078_20485646.jpg


 その頃窓の外はこんな様子
a0058078_20514367.jpg

a0058078_2052253.jpg

by waka0918 | 2006-10-15 21:00
<< 恒例 北アルプス登山 “唐松岳... 恒例 北アルプス登山 “ 唐松... >>